FabLabでプリント基板を作る方法

マーク・ブーン (Marc Boon)著, 2008年2月

青木 翔平 (Shohei Aoki@Fablab kamakura)訳, beta released 2011年11月

訳者注:いくつかの元リンクは失効しています

ステップ1:Eagleでプリント基板を作成する

Eagleを使った経験がない方は、まずマニュアルチュートリアルをお読みください!

マイクロサイレントTVトランスミッタ回路図を開くとこのような画面が現れます。Micro TV Schematic

回路図に誤りがなく、エラーが発生しないことを確認して(メニューのTools>Ercで確認できます)、プリント基板のレイアウトを作成する準備が整いました。まず、基板レイアウト表示に切り替えて基板の大きさを決定します(マニュアルチュートリアルを参照してください)。マイクロサイレントTVトランスミッタは1.9平方インチにぴったり収まります。グリッドの設定を0.05インチにすると部品の配置が行いやすいです。

今回は上面に部品、下面に銅箔が貼られた片面レイアウトを作成します。部品は上面に取り付けられ、ハンダ付けは下面に行います。

基板をRoland Modelaで作成するために、使用中のレイヤー(下層レイヤー)、パッド(オプションで設定できる穴の周りの部分です)と切削溝との最小距離、穴の直径、溝の幅などを特定する設計ルールを確認します。メニューバーのTools>Drc>CheckからDesign Rulesのダイアログを開き、このファイル を読み込んでください。

読み込まれた設計ルールにしたがって、プリント基板の溝の軌跡を描いてください(手動でやるか、Eagleのauto-routerが利用できます)。できあがったらメニューのTools>Drc>Checkを実行して検証を行います。

パッドとの隙間の値(pad clearance)に対して警告がでるかもしれません。これは、BC337トランジスタに対するTO92パッケージが、我々の設計ルールとは異なるパッド間のスペースを採用しているためです。これの原因はEagleのtransistor-npn.lbrライブラリですが、こちらの修正ライブラリに含まれているTO92Lという代替パッケージを利用することができます。TO92LではTO92よりパッド間のスペースが広くなっています。

設計ルールを適用すると、溝幅、パッド直径、穴のサイズがこのルールに従って調整されます。これで、FabLabのミリングマシンを使って基板を作ることができるようになりました。

最終レイアウトはこのようになっているはずです。Micro TV layout

では、ステップ2:切削と穴あけ用のツールパスを作成するに進みましょう。

最初に戻る.