FabLabでプリント基板を作る方法

マーク・ブーン (Marc Boon)著, 2008年2月

青木 翔平 (Shohei Aoki@Fablab kamakura)訳, beta released 2011年11月

訳者注:いくつかの元リンクは失効しています

ステップ2:切削と穴あけ用のツールパスを作成する

プリント基板のレイアウトができあがったので、FabLabのミリングマシンを利用した切削と穴あけの準備に入ります。このステップでは、銅箔上に溝を削り、その溝を銅板と分離するためのツールパスを作成します。

回路の安定性を改善するために、GND信号を銅板と分離せずに接続したままにしておきます。その結果得られるGND平面はノイズを大きく減少させ、回路の安定性を改善します。同時に切削面積も少なくなるので加工時間とエンドミルの摩耗も抑えることができます。

GND信号を銅板に接続したまま軌跡を作成するために、切削と穴あけ位置のツールパスを作成するEagle User Language(EUL)のコードを書きました。これはEagleのWebサイトで見つけた他のEagleユーザーが作成したプログラム群を改良したものです。(出典はコードの中に記載してあります)

プログラムを起動するためにメニューのFile>Runを実行し、fablab-mill-n-drill.ulpを開いてください。このようなダイアログが表示されるはずです。

 fablab-mill-n-drill

ミリングマシンに取り付けられたエンドミルの直径を選んでください(1.0mmを推奨)。0.8mm以下のエンドミルの使用はおすすめしません。

次に、銅板から分離しない信号を選んでください。初期値ではGNDが選択されています。すべての信号を独立させたい場合は、この欄が空であることを確かめてください。

最後に、エンドミルの直径より大きい穴(大きさを指定できます)を削りたい場合にチェックするためのチェックボックスが現れます。これをチェックしない場合、すべての穴はエンドミルの径に一致します。今回はチェックを入れましょう。

OKボタンを押すと、レイヤー46に溝切削用のツールパスが、レイヤー45に穴あけ用のツールパスが生成されます。このような感じです。MicroTV board

レイヤー46に溝のパスが描かれており、さらにGND近くにパスがないことを確認してください。これは、GND信号を通すすべての穴は、他の信号に囲まれた銅板の中に空けられているということを意味しています。ビデオソケットを取り付ける4つの穴のような大きな穴は、レイヤー45に記述された外郭線から読み取れるツール直径に到達するまで削られ、最終サイズへと調整されます。

基板データを保存し、 ステップ3:Roland Modelaを動かすためのファイルを作成するに進んでください。

最初に戻る.