FabLabでプリント基板を作る方法

マーク・ブーン (Marc Boon)著, 2008年2月

青木 翔平 (Shohei Aoki@Fablab kamakura)訳, beta released 2011年11月

訳者注:いくつかの元リンクは失効しています

ステップ4:プリント基板を切削し、穴をあける

プリント基板を作成するために、片面が銅で被覆された厚さ1.6mmの基板を使います。これはFR-4ガラス強化エポキシ樹脂(またはFR-2 Pertinax樹脂)から成る、銅箔の厚みが35ミクロン(0.035mm)の基板です。この基板を適当な治具(ドリルで貫通してもよい)を用いてマシンのベッドに固定しなければなりません。したがって、この治具は容易にドリルで穴を空けることができ、基板を固定するのに十分な剛性を持ち合わせていなければなりません。これに都合の良い素材はMDFでしょう。治具に関する話はこのチュートリアルから脱線するので深入りしません。MDFで適当な大きさの治具を用意し、その上に両面テープで基板を固定するのが単純な方法です。

プリント基板を取り付けて、Z軸の位置の設定に移ります。Roland Modelaはこの調整を自動的に行いませんので、ファイルをModelaに送信する前に、鉛直方向のエンドミルの頭部の位置を正しくセットする必要があります。 この調整を行う一番簡単な方法は、エンドミルを拘束しているネジをゆるめてプリント基板の上にエンドミルを下ろしていき、基板の上に到達したところでネジを締め直すという方法です。

まず溝を切削して、その後で穴を空けます。
microtv.millファイルを送信するために、マシンがPCのシリアルポートに接続されていることを確かめてください(直接、あるいはUSBシリアル変換アダプタを介して)。各プラットフォームでの操作は以下です。

Windows:
コマンドプロンプトを開き、Eagleプロジェクトのディレクトリにcdコマンドで移動します。
'type microtv.mill>com1'と入力し、マシンにミリングファイルを送信します。

Mac and Linux:
ターミナルウィンドウを開き、cdコマンドでプロジェクトフォルダに移動します。
'cat microtv.mill > /dev/ttyUSBo' と入力し、マシンにミリングファイルを送信します。

シリアルポートの正確な名前はお使いのシステムによって異なります。com1や/dev/ttyUSBoのところは適宜置き換えてください。何も起こらなければ、恐らくシリアルポートの指定が間違っています。

切削が終わった後、穴あけのファイルを送信します(この後オプションで正しい直径を切り出します)。ファイル名を.millから.drillに変更して上記のコマンドを繰り返してください。

以下が切削が終わって穴あけを行う前の基板の様子になります。Micro TV milling

それでは最後です。ステップ5:ハンダ付けをしてテストを行う

最初に戻る.